ビデオメモリー
ビデオ制作

ビデオ制作を依頼2

目的を定める
会社に頼むからには目的を定めることから始めましょう。何をアピールしたいのか、誰に見せたいのかどんな人をターゲットにしたいのか、百人居たら百通りのビデオが完成する訳ですからビデオ制作の明確な目的を定める必要があるといえるでしょう。

また、映像制作会社に依頼することにより、プロの技術を買うわけですから、個人で制作するよりも費用がかかります。失敗しない映像作りのために、目的を定めてその目的に合った会社を選びましょう。
会社の能力で判断する
映像制作を承っている会社は料金からプラン、クオリティから対応力など全ての面で異なります。とにかく質の高い企業を求めるのであれば、納期は少し遅れることを考慮したほうが良いかもしれません。

逆に納期を優先することも可能ですが、その場合は質が若干落ちると考えたほうがいいでしょう。長く付き合って行きたい会社を選ぶなら対応力、様々なパターンで依頼したいのであればプランの量など、自分自身が目標としている作品を作りたいのであれば、企業の能力を見て判断するのは大切だと思います。
過去の実績を考慮する
多くの映像制作会社は自社のホームページに過去の映像実績を載せていることが多々あります。この映像実績は依頼する際に判断材料としてみることができます。

CGを得意とした企業であれば、ビデオ映像にCGを駆使したものが多く、編集や音声といった分野が得意な会社はそこに力を入れています。様々な技法により、視聴者を魅了する映像作りはそれぞれ卓越したものがあるのです。

ポスター印刷会社もそうですが、自分が意図したことがどのようにしたら一番伝わりやすいのかを判断し、それを考慮した映像制作会社を選ぶことが大切です。

Favorite

Last update:2015/7/7

Copyright © 2009 ビデオ制作について All Rights Reserved.